福岡市南区大橋の歯医者「今泉歯科医院」の歯周病治療|早期発見・早期治療が大切です

  • tel:092-541-2781
  • 初診の方専用Web予約はこちら

歯周病

歯周病は歯を失ってしまうかもしれない危険な病気です

歯を失う原因と聞かれて、虫歯を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
しかし、日本人が歯を失う原因の第1位は「歯周病」です。そして、歯周病は日本人の成人の約8割が「かかっている」、もしくは「予備軍である」といわれる国民病でもあります。

「歯ぐきが赤く腫れている」「ブラッシングすると血が出る」といった症状は、代表的な歯周病の初期症状。歯周病は気づかないうちにどんどん悪化してしまうので、早めの治療が肝心です。
もし歯周病かなと感じたら、歯を失ってしまわないように福岡市南区大橋の歯医者「今泉歯科医院」までお早めにご相談ください。

歯周病のことを知っていますか?

歯を失わないためには、早期発見・早期治療が大切です。
歯周病は虫歯と同じく初期に自覚症状が出ないため、悪くなる前からの定期検診はもちろん、異変に気づいたらすぐに治療をはじめることが重要です。

歯周病を進行させるおもな原因
歯ぎしり・食いしばり
強い歯ぎしりや食いしばりのクセがあると、歯を支える顎の骨に力がかかり、歯周病を進行させてしまいます。
ケア不足
ブラッシングがきちんとできていないとプラークが増殖し、歯周病菌が増えます。
喫煙
喫煙習慣がある方は歯周病にかかっている割合が高く、治療をしても治りにくい傾向があります。
糖尿病
歯周病は心臓病や肺炎などの全身疾患や早産・低体重児出産を引き起こす原因になることがわかっています。また糖尿病は、症状を悪化させる原因になるといわれています。

今泉医院の歯周病治療

ブラッシング指導

歯周病治療の基本は正しいブラッシング。歯周病菌の棲みかとなるプラークを、きちんと落とすことが大切です。
そこで初期段階では、一人ひとりのお口の状態に適したブラッシング方法を指導から開始します。

スケーリング

プラークが固まってできた歯石は、ブラッシングで落とすことはできません。
そこで歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)にできた歯石を、スケーラーという器具で取り除くスケーリングという処置を行います。
最後に、歯石がなくなりでこぼこになった歯根面をなめらかにみがきあげ、汚れの再付着を予防します。

フラップオペレーション(歯周外科手術)

歯周ポケットの奥深くに溜まった歯石は、スケーリングでは取り除くことができません。
そこで歯ぐきを切開して歯根を露出させ、歯根の先の歯石まできれいに取り除きます。最後に歯ぐきを縫合して終了です。

メンテナンスの重要性

歯周病治療は、治療が終わったら完了ではありません。そもそも歯周病はケア不足などが原因で発生するので、治療後に気をゆるめてしまえば歯周病が再発してしまいます。

再発を防ぎ大切な歯を守るには、治療後のメンテナンスが欠かせません。自覚症状がなくても定期検診に通い、医師のチェックと専門的なメンテナンスを受けるようにしましょう。

~生活習慣を見直しましょう~

生活習慣を見直しましょう

歯周病は生活習慣病の一つと考えられています。ブラッシングや食事のタイミングといった生活習慣が深く関わっているからです。
つまり生活習慣を見直すことで、歯周病のリスクを抑えることも可能なのです。

そこで当院では患者様の生活習慣をくわしく伺い、改善すべき点が見つかった場合には指導を行っています。
規則正しい生活は、歯周病だけでなくさまざまな病気の予防にもつながるもの。歯周病をきっかけに生活習慣を見直し、全身の健康を手に入れましょう。

今泉歯科医院へのお問い合わせはこちら

診療案内

一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療

pagetop